【お詫び】西野翔、降板のご報告とお詫び

いつも平成時代劇 片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」を応援して頂きまして真にありがとうございます。
早速ではございますが、ご報告をさせて頂きます。

この度、「花嫁道中」に出演予定でした西野翔は足の骨を折る怪我をしてしまい、降板させて頂くことになりました。
出演を楽しみになされていたファンの皆様には心より深くお詫び申し上げます。
本人は出演することを強く希望致しておりましたが、医師からの判断の上、やむを得ず降板の選択を取らせて頂きました。
以下本人よりのコメントです。

私、西野翔は11月26日15時頃、交通事故により救急で病院に搬送されました。

検査の結果、「膝蓋骨の粉砕骨折」と判明し、翌27日に観血的整復内固定術を受けました。
上半身は打ち付けるのを免れたので、頭部や内臓には損傷はありませんでした。

これにより、以前より発表のあったお仕事をいくつかお休みさせていただく事になりました。
アニソンディスコや、チケット発売されたばかりの舞台「ざ☆くりもん」二○一六年 新春三館同時本公演です。
既にご予約や購入をされているみなさんにも、本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんなさいと謝る事しか今はできないのもとても悔しいです。

ただ、これは私のワガママではありますが、キャンセルをお考えの方、
チケットは購入したけど西野がいないならとお考えの方にも、会場に足を運んでほしいなと思っています。
私はパフォーマンスに参加する事はできなくなってしまいましたが、29日のアニソンディスコ、新春のくりもん三館同時公演、どちらもとても素晴らしいからです。
以前私は恵比寿マスカッツの日比谷公会堂のライブも練習中の骨折によりステージを諦めなければいけないということがありました。
その時も同じ事を周りの人達にお伝えしました。
私は出られなくなったけど、それでも本当に面白いからぜひ観にきて!と。

私は『一緒にみんなと感動したい』というのを常々思っていて、
これは本当に素晴らしいものだ!ぜひ応援してくれるみんなに見てもらいたい!
と思えるものを優先にお仕事を選んで来ました。

時間やお金は無限ではないので、このワガママを聞いてくれても聞いてくれなくてもいいんです。

ですが、一つ一つが大切で、みんなに見てもらいたくて選んだお仕事達です。

早くみなさんに元気な姿を見せられるようリハビリ頑張ります。
待っててくださいね(*ˊᵕˋ*)

以上です。
なお、今回の降板を受けて払い戻しをご希望される方はこちらよりご確認願います

他の全80名近くの出演者はアクシデントに負けず一致団結して「観に来てよかった」と感じて頂けるような作品をお届けするため必死に取り組んでおりますので、何卒変わらぬご声援の程よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク