SAF+SHOWCASE公演(いいへんじ・劇団襟マキトカゲ・譜面絵画)

毎年7月から8月にかけて、東京・池袋にある シアターグリーンでは シアターグリーン学生芸術祭(Student Art Festival=SAF)が開催されています。

学生劇団に、キャンパスを離れ、広く一般のお客様に作品を見てもらう機会を提供しようと2007年にスタートしたこの催しは、昨年2017年までに過去11回行われ、来場者総数は2万3950人に及んでいます。

最優秀受賞団体は、翌年のおうさか学生演劇祭に招聘され、第1回はゴジゲンが大阪で公演を成功させました。そして昨年最優秀賞を受賞したふわふわ中毒の大阪公演が3月に控えています。

このように、SAF参加団体が、SAF終了後も積極的に活動できるように支援することを目的として、SAF+という枠組みが設けられています。

SAF+では過去2回プロデュース公演が行われましたが、今年はSAF+SHOWCASEと銘打ち、SAF Vol.11の優秀賞を受賞した2団体と、演出賞を受賞した1団体の、計3団体を招き、30分×3団体=1時間30分のショーケース公演を開催する運びとなりました。

若く才能と活気あふれる3団体の公演を、是非ご覧ください。

参加団体

【いいへんじ】『過眠』

作・演出:中島梓織
出演:
内田倭史(劇団スポーツ)
萩原涼太

眠っても眠っても眠い!
眠っても眠っても眠い!
眠っても眠っても眠い!
三回くり返したことに!
特に意味はありません!
君はこういうのが嫌い!

【劇団襟マキトカゲ】『キラキラ』

作・演出:望月香菜子
出演:
神谷有咲
三ヶ尻怜司
寺本鈴奈

早く、早く、かわいいって言えよ、早く。
インスタ、ツイッター、FB、YouTube。
女の子はキラキラしてたい、いつだって。

【譜面絵画】『新津々浦駅・北口3番バスのりば』

作・演出:三橋亮太
出演:
小見朋生
宮ヶ原萌
飯塚シオン
稲垣廉
河崎正太郎
輿石恒太
白鳥悠香
鳥居咲夏

目線をもう一度はがして、いい感じに結び直したら、いい方向に向かうかもしれない。
あっちか、こっち。
思ったより遠くなかった、思ったより遠くなかった。

会場

 シアターグリーンBASE THEATER
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
TEL 03-3983-0644
http://www.theater-green.com/

タイムスケジュール

2018年5月15日(火)~17日(木)
5月15日(火)19:00~
5月16日(水)14:00~/19:00~
5月17日(木)13:00~/18:00~
※開場は開演の30分前。
※各回アフタートークあり。

チケット

[日時指定・全席自由]前売・当日共に
一般:2500円
学生:2300円(要学生証提示)

チケット取扱い

2018年3月15日販売開始
CoRich!舞台芸術 https://ticket.corich.jp/apply/89261/

アフタートークゲスト

各回終演後、主宰3名とゲストがアフタートークを行います。

【5月15日(火)19:00~】

今村圭佑

Mrs.fictions主宰。
『15 Minute Made』という、1ステージ内で6つの団体がそれぞれ15分ずつの短編舞台作品の上演を行い、小劇場演劇界から起こる新しい流れを社会に発信するイベント公演を企画している。
過去の主な参加団体は、演劇集団キャラメルボックス、柿喰う客、DULL-COLORED POP、月刊「根本宗子」など。

【5月16日(水)14:00~】

半澤裕彦

本多劇場制作部。
下北沢演劇祭にて、『下北ウェーブ』という「下北沢の演劇シーンに新たな波をおこす団体を発掘する/ 育成する」「劇場公演のあり方を再発見する」を命題に掲げた若手支援企画を手掛ける。
下北ウェーブ2018にはいいへんじ、スペースノットブランク、東京夜光の3団体が選出。
徳永京子氏による公開講評や、演劇批評誌「紙背」での戯曲・批評掲載、観劇三昧下北沢店での公開討論会など、公演に限らず幅広い企画を実施している。

【5月16日(水)19:00~】

水谷八也

早稲田大学文化構想学部教授。
専門は20世紀英米演劇。ジョン・オズボーン『怒りをこめてふり返れ』の翻訳で第10回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞。
現代演劇に明るく、葛川思潮社、柴幸男(ままごと主宰)、中野成樹(中野成樹+フランケンズ主宰)、藤田貴大(マームとジプシー主宰)をはじめ、様々なジャンルの演劇人とトークイベント等で言葉を交わしている。

【5月17日(木)13:00~】

加藤弓奈

急な坂スタジオディレクター。
STスポット横浜館長を経て、急な坂スタジオの立ち上げに参加。
ディレクターに就任以降、若手アーティストの創造活動をサポートするプログラムに取り組んでいる。
急な坂スタジオでは現在、柴幸男や藤田貴大がそれぞれレジデントアーティスト、サポートアーティストとして活動の場を与えられている。過去には岡田利規(チェルフィッチュ主宰)がレジデントアーティストとして活動していた。

【5月17日(木)18:00~】

池亀三太

花まる学習会王子小劇場新芸術監督。
花まる学習会王子小劇場は若手劇団への積極的な支援をしており、2年に1回、若手の劇団を中心とした演目を揃えた佐藤佐吉演劇祭を開催している。
佐藤佐吉大演劇祭2018in北区にはシラカン、劇想からまわりえっちゃん、クロムモリブデン、Mrs.fictionsらが参加。全40日間の会期中、約30演目が全10会場で上演される。

 

※アフタートーク司会:谷川清夏

「平田オリザさんとコミュニケーションについて考えるワークショップ」主催、下北ウェーブ2018制作アシスタント、佐藤佐吉大演劇祭2018in北区インターン等を経験。

団体紹介

いいへんじ…

早稲田大学演劇倶楽部(通称エンクラ)から派生した演劇ユニット。
2016年11月結成、2017年6月旗揚げ。
答えを出すことよりも、わたしとあなたの間にある応えを大切に、
ともに考えるための作品づくりを目指しています。

最近の主な公演…
『パパ』(2017年8月) シアターグリーン学生芸術祭Vol.11優秀賞受賞
『つまり』(2018年2月)下北ウェーブ2018選出

@ii_hen_ji
http://ii-hen-ji.amebaownd.com/
劇団襟マキトカゲ…

2014年結成。
現在脚本・演出の望月香菜子、役者の神谷有咲、宣伝美術の太田亜優美の3人が所属。
耽美的な雰囲気を持った世界観の物語は、哲学的なセリフを伴って、聴覚から視覚へ、
役者の身体を通して、視覚から他の感覚へと伝染させる。
それは観客の中の記憶すらも引き出す。
時に色として、また一つの感情として、劇場を一つの感覚に染めてゆく。

最近の主な公演…
『セッカン。』(2017年8月) シアターグリーン学生芸術祭Vol.11演出賞受賞
『ルナシーとミザリー』(2018年2月)上野小劇場

@xxx_makitokage
http://erimakitokage.amebaownd.com/
譜面絵画…

関東を中心とした演劇集団。
2016年5月に発足。
全ての脚本と演出を三橋亮太が手がける。

最近の主な公演…
『そして、イントロダクション やがて、アウトロダクション』(2017年8月) シアターグリーン学生芸術祭Vol.11優秀賞受賞
『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』(2018年2月)TPAM2018フリンジ参加

@Fumen_Kaiga
http://fumenkaiga.wixsite.com/fumenkaiga/

 

 

STAFF

舞台監督:水澤桃花(箱馬研究所)
照明:朝倉白水
音響:久志瞳(HitmYusica)
宣伝美術・撮影:田中雄一朗
フライヤーモデル:石井玲歌 神谷有咲 木村のばら
制作:田中雄一朗 / 石本秀一 大川あやの 行成小夏
【主催・製作】(株)アリー・エンターテイメント
【協力】 シアターグリーン /  シアターグリーン学生芸術祭運営事務局

カテゴリー: お知らせ, 公演情報, 過去の公演 パーマリンク