Kurimon

くりもん

「ざ☆くりもん」とは

遠山の、金さん宜しく片肌脱げば 粋で鯔背な倶利伽羅紋紋。 男は優しく女は強い、涙は見せずに背なで泣く。 筋を通して笑って泣いて、しっかり生きてしっかり死ぬ。

2012年、主宰の朝比奈文邃が旗揚げしたエンターテイメント時代劇の一座で、ベースは時代劇ではあるものの、幅広い年齢層に分かりやすく親しみやすい、大いに笑って大いに泣けるハートフルコメディの人情劇です。
最近では、ダンスパフォーマンスを中心に物語を進行する“ダンサーズ公演”や、和風要素をふんだんに盛り込んだ“ミュージカル公演”も展開しており、更にその表現の幅を広げつつあります。
「ざ☆くりもん」の作品は、この世知辛い世の中を“しっかり生きてしっかり死ぬ”為の人生の応援歌になりたいと考えています。
(旗揚げ当初「ざ☆よろきん」だった名称を、更なる飛躍を目指し2015年に「ざ☆くりもん」と改称し現在に至っています。)

スターシステムを採用!

江戸を舞台に単一の世界観の元で全ての作品が書かれ、同じ登場人物が複数作品に登場します。
複数作品を観れば観るほどに「ざ☆くりもん」の世界へ深く誘います。

年に一度のお祭り!新春の三館同時公演!

不定期に行う単独公演のほか、新春にはシアターグリーン3劇場を全て使って同時間軸3作品同時上演を行っています。
1つの建物内にある3劇場を使っての上演のため、役者が館内を往来し、複数の作品に出演します。新春にふさわしい絢爛煌びやかなお祭り騒ぎで、毎年延べ3000人を超えるお客様にご来場をいただいています。

朝比奈文邃プロフィール

「ざ☆くりもん」主宰および脚本。シアターグリーン代表。
近年はNHK「BS時代劇 大岡越前」の脚本を務めるなど、活動の幅を映像にも広げている。

最新の公演情報

片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第30回本公演『汚泥河童』
くりもん

片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第30回本公演『汚泥河童』

2024年05月02日(木)〜2024年05月06日(月)

エンターテイメント時代劇一座「ざ☆くりもん」、第30回公演「汚泥河童」。2015年の初演から約10年の時を経て、大きく改編・リライトをしての再演です。いつものハートフルコメディに加え今回は子役達も登場し、歌って笑って踊って泣いて、より幅広い層に楽しんで頂ける作品に仕上がりました。ゴールデンウィークのご予定に是非! 【あらすじ】 河童の河太郎は待っている。吉原に売られた雛の帰りを、吉原を囲むドブに棲

公演情報を詳しく見る
片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第29回新春本公演 『玉章恋慕』
くりもん

片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第29回新春本公演 『玉章恋慕』

2024年01月03日(水)〜2024年01月08日(月)

公演情報を詳しく見る
片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第27回本公演 『冥途遊山』
くりもん

片肌☆倶利伽羅紋紋一座「ざ☆くりもん」第27回本公演 『冥途遊山』

2020年04月03日(金)〜2020年05月25日(月)

シアターグリーン BASE THEATER

「ざ☆くりもん」第27回本公演『冥途遊山』全公演中止に関するお知らせ 2020年4月3日より公演を予定しておりました「ざ☆くりもん」第27回本公演『冥途遊山』につきまして、新型コロナウイルス感染症の状況と政府の感染症対策本部の方針を鑑みた結果、お客様ならびにスタッフ・関係者の健康と安全を最優先と考え、誠に残念かつ苦渋の決断ではございますが、予定しておりました全公演を中止させていただく事を決定いたし...

公演情報を詳しく見る